豊胸術

女性の象徴とも言える「バスト」小さいことで自分に自信が持てない女性が多いそうです。そして最近ではそんなコンプレックスをなくすために豊胸手術をする女性が増えてきています。世界でもバストアップの美容整形についての研究はとどまるところを知りません。現在では非常に高い安全性の手術となってきたためお望どおりのバストを作ることができるようになっています。

人工乳腺挿入法

プロテーゼ(人工乳腺)を用いてバストを大きくします。手術は部分麻酔で行いますが、希望すれ全身麻酔で行うことも可能なクリニックもあります。手術は1時間前後です。患部を固定して、院内で2〜3時間ほど休憩してからの帰宅となります。抜糸は約1週間後でバンドの取り外しは病院によって時期が変わることもあります。

脂肪注入法

人工乳腺挿入法とならんで女性に人気のバストアップ法が脂肪注入法です。脂肪を注入してバストアップを図る豊胸術です。注入する脂肪は、自分のからだの脂肪に限られていますので、安全性が高く、バストアップと同時に気になる部分のサイズダウンもできるという、女性にとって嬉しい豊胸術といえます。 一度に注入できる脂肪の量には限度がありますので、人工乳腺挿入法と違って、大幅なサイズアップは難しいのですが、人工的なバッグを挿入するのに抵抗があるという女性に多く選ばれています。

医療に特化した会計事務所による納得性の高い料金体系で開院を全面的に支援しております。最小限のコストで開院を成功に導きます。お電話でのご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また、今後ご勇退(閉院)されるドクターの方。医院の譲渡や譲受についてもご相談ください。